FC2ブログ

GEKITEKI-come on 13

大阪の劇団 ”空間 悠々劇的”の<カモン13企画>は、ゲキテキメンバーの活動や稽古場周りの情報などをご紹介します

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 十三といえば   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

高村薫「黄金を抱いて翔べ」映画化

実は十三が舞台? 高村薫「黄金を抱いて翔べ」映画化

「この物語は大阪が舞台」ってことになってるけど、
ウィキで色々調べてたら十三も関わってるみたいだからここにUPしますね。

映画「黄金を抱いて翔べ」(井筒和幸監督)は、高村薫さんの同名小説(90年出版)が原作。
妻夫木聡が主演で、ほかに浅野忠信(38)、西田敏行(64)ら豪華キャスト陣がそろってるらしいぞ。

黄金を抱いて翔べ01

大学時代からの友人(浅野)から、銀行地下に保管されている時価180億円の金塊強奪計画を持ち掛けられた主人公(妻夫木)。
2人は銀行システムエンジニアの青年(桐谷)、自称留学生で国家スパイという裏の顔を持つ男(チャンミン)ら6人の男たちが行動を開始する。実行までの男たちの苦闘やロマンが描かれる。



 「ヒーローショー」以来の新作となる井筒監督は「“反逆”をテーマに生きる男たちにとって、世界一の労働とは、真の自由とは何か。
現代の閉塞(へいそく)感やうっ屈は黄金の前で解放されるのか。この映画を通して見つめたい」と作品に込める思いを説明。
「敬愛なる大阪を背景に熱い男たちの生きざまをがっつり描きたい」と意気込んでいる。

 一方、高村さんは「20年も前の小説が井筒監督に再発見され、21世紀を生きる若い俳優さんたちによって登場人物たちがよみがえるなんて、まさに小説家冥利(みょうり)につきる」と映像化を喜んでいる。

原作は高村さんのデビュー作で、90年の日本推理サスペンス大賞を受賞。
これまでに約70万部を発売している。

「黄金を抱いて翔べ」は、11月に全国で公開。



高村さんは吹田市在住なんだよね。
十三の空気感も出ているに違いない。


メイキング

http://youtu.be/ahwPEhphQ08

映画.com
http://eiga.com/news/20120202/1/

公式サイト
http://www.ougon-movie.jp/
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

空間 悠々劇的

Author:空間 悠々劇的
ストレートな舞台をはじめコントライブ、即興ライブにラジオドラマ、吹替え、落語など…その表現は節操なく多岐に渡る。

やってみたいことはなんでも悠々とやれる自由な"空間"ということで、「劇団」ではなく、「空間 悠々劇的」と名づけたものの「劇団空間悠々劇的さん」と呼ばれ、ただややこしいだけに。
先読みの甘さが劇団の名付けから始まっていた稽古好き集団。
「ゲキテキ」だけでもよいので覚えていただければ幸いです。
HP> http://www.gekiteki.com

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。